文字サイズ

現在

 第5回オープンホスピタル 大盛況!!

2018年11月3日(土)10:00~14:00
地域の皆様へ健康づくりのお手伝いを目指して誕生した、オープンホスピタルも今年で5回目を迎えました。『健やかに活きる』をテーマに、28の出展がありました。
その他にイベントとして、“はしご車搭乗体験”“臨床検査部・薬剤部のバックヤードツアー”
“フラダンスショー”が開催されました。
そして、今年度は地元で活躍されている方にも出展していただきました。『宮前まちクラブ』と称して2つの出展がありました。
来場者数は、約260人と多くの方がご参加され大盛況でした。
出展の様子から、ユニフォームを試着して看護師さん、お医者さんに変身する方、骨密度を測定される方、アロマ体験でリラックスされる方、心マッサージを体験される方など熱心に、楽しく参加されていました。
フラダンスショーは、優雅で腰の振りが素敵な大人のダンサーと、子供たちによる元気で可愛いダンスがとても良かったです。
アンケートから「来年も来たいです」との感想が多くありました。また、宮前まちクラブの“老いじたく相談会”が良かったとのご意見が多く、講評でした。

7月から、出展の企画・運営をしてくださった職員の皆さん、このイベントを早くから準備して下さった運営実行委員会の皆さん、本当にお疲れ様でした。

写真・文責:途中来場の看護部 黒田悦子

PS:15番「歩んできた道、歩む道~一緒に考えてみませんか」自分のこれからを考える年齢になりパンフレットを一式持参し帰宅しました。運営委委員着用の“健やかに活きる”の ハッピの後ろ姿も!素敵です。

納涼盆踊り大会

教職員交流促進委員会主催の「2018年~踊りの輪、地域の輪~納涼盆踊り大会」が行われました。職員家族、地域の方も参加され楽しい会となりました。

新入職者研修

4月より段階的に様々な研修を行っております。
安全確実に静脈注射が実施できることを目的に研修を行いました。
院外の環境で同期と交流を図り、メンバーシップの基本形成を促すことを目的に川崎市立民家園にて研修を行いました。
感染を防止するための方法、正しいフィジカルイグザミネーション技術を修得する。研修生が主体的に研修に参加し考え取り組むことで、その技術を修得するとともに、自ら学ぶ姿勢を養う機会とすることを目的に研修を行いました。

和田副部長:実習指導者表彰されました。

神奈川県看護師等養成実習病院連絡協議会より看護実習生教育に尽力した実習指導者の方々の功績を表彰されました。

H30年度、始動

169名の入職者を迎え、始動しました。