文字サイズ

ラダー別教育プログラム (当院独自のラダーによる)

ラダーレベル研修名 ねらい
0~ⅠICLSの基づいた救急蘇生研修
急変時に対応できる知識、技術を習得する。
エキスパートⅠ
集団の中での自己の在り方を学び、セクション内でリーダーシップを発揮できる人材を育成する。
ジョブローテーション
広い視野で多様な患者に対応できるジェネラルな人材を育成する。
Ⅱ・Ⅳフィジカルアセスメント
根拠に基づいたフィジカルアセスメントを行い、SBARを用いた適切な報告ができる。
⇒ 高度実践者を育成する。
急性期ローテーション高度急性期医療の対象となる重症患者を安全かつ効果的にケアするための能力を身に付ける。
アドバンスローテーション自発的にキャリアを発展させ、ロールモデルとしての実践力を発揮できる人材を育成する。
エキスパートⅡ組織・臨床現場における問題解決手法を習得できる。
倫理事例検討会臨床における倫理的感性を高め、倫理的諸問題解決のための知識・技術を修得する。
フィジカルアセスメントV研修 重篤で複雑な状態のフィジカルアセスメントができる。
⇒ 高度実践者を育成する
主任学習会臨床における倫理的感性を高め、倫理的諸問題解決のための知識・技術を修得する。
主任活動報告会活動の共有と今後の目標を明確にする。
主任昇格者研修組織における主任の役割を知り、主体性としての意識を高める。
副看護師長学習会副看護師長、臨床現場における問題解決手法を習得する。
リスクマネジメントナース会病棟内のリスクマネジメントについて考え、安全な医療環境に寄与できる人材を育成する。
4病院ナレッジ交換会4病院看護師長・副看護師長の“知”の交流を図りマネジメントに活かす。
看護師長学習会マネジメントに必要な知識を得、実践に活かす。
4病院ナレッジ交換会4病院看護師長・副看護師長の“知”の交流を図りマネジメントに活かす。
昇格者研修組織における看護師長・副看護師長の役割を知り、看護師長・副看護師長としての意識を高める