文字サイズ

理念

看護部の基本理念

私たちは、専門職としてのアプローチ(質の高いケアの提供)による、いのち・生活の治癒・回復の促進をめざします。
看護部の基本理念
  • いのち:当院の理念である「生命の尊厳」を中核に、コア・ケア・キュアの専門的な関わりを行います。コア・ケア・キュアの意味は次の通りです。
  • コア:自己のおかれている状況を理解して、それに向かうことができるようにします。
  • ケア:身体への直接ケアを通じて<成長・治癒・学習>の機会とします。
  • キュア:治療を通して患者さまとご家族を支援します。
    ※1960年代から70年代に活躍したアメリカの理論家 リディア・ホールの理論をもとにしています。

看護部基本方針

聖マリアンナ医科大学病院 看護部一同
私たちは、常に患者さまの人権を尊重し、患者さま中心の看護を行います。 職員一人ひとりが人間性を高め、喜びを持って看護に従事することを通して、国際社会に貢献します。

聖マリアンナ医科大学病院
看護部一同

看護部の概要・組織図

看護部の概要(看護方式・勤務体制)

一般病棟は7対1の看護師配置で看護方式は「固定チーム継続受け持ち制」を取り入れ、勤務体制は変則2交代制と、2交代制を基本としています。
2交替勤務
日勤8:30 ~17:00
夜勤16:30 ~ 9:00(仮眠1.5時間/ 休憩1.5時間)

看護部の組織図

聖マリアンナ医科大学病院の看護部は、助産師を含めて約1083名の看護師により組織されています。(平成29年4月1日現在)平成29年度から以下の組織図になります。
看護部の組織図
    ※PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。ダウンロードはこちらから無料で行えます。
    Adobe Readerダウンロード

支援ネットワーク

4つの組織からなる支援ネットワークにより患者さまに安心・安全・満足を提供しています

聖マリアンナ医科大学病院・看護部には、「キャリア開発支援」・「看護サービス提供」・「人的資源」の3つの支援ネットーワークと「専門・認定看護師チーム」の1つのチームがあります。
それぞれの組織が協力し合い、情報を共有することにより、スタッフの満足、患者さまの満足、健全な経営をつなげ、愛の支援ネットワークをつくり上げています。
コア・ケア・キュア能力を高めて、患者さまの回復を促進する-それが私たちのチームスピリットです。
※スピリット: 精神、心、魂
支援ネットワーク
回復の促進